Tag Archives: 悲剧

先輩に告白した

六月五日。

一生忘れられない日になりました。その日はちょうど論文の答弁が終わって、医学電子のPCBのデザインも終わりました。

そして二年間好きな先輩に告白しました。でも生活ということね、思う通りに生きていけないです。先輩は思わず断りました。

「一年からも感じた、先輩のこと。先輩に会えたら嬉しくなる。ずっと先輩のタイムラインをみる。誰か他の男の子に先に告白するのは嫌だ。今すぐ伝えたいんだ。私は先輩のこと、好きです!」

「冗談言うなよ」

「書いたままの意味だよ。」

「ずっと君のことを後輩だと思ってたが、恋人なんて思ったことがない。私より良いほかの娘に、きっと会えるから」

「ワンイーより良い娘?いないと思うけど。」

「ちゃんとワンイーお姉ちゃんと読んで!ねえ、私たちやっぱ前のままにして?」

「ワンイーお姉ちゃんってどんなのが好き?」

「よくわからないが、多分気持ちのこと」

「絶望を感じた答えだなあ」

「本当にごめん… 」

会話はここまでだ。前のままにするのは多分無理だ。私たち… どうなるかなあ…